2022.3 school blog

今期も無事に終了しました。コロナ禍でトレーニングもままならない時期もありましたがモチベーション下げずに頑張ってこれたのも子ども達の元気さと意欲のお陰です。またサポートしてくれた全コーチ、保護者の皆様のサポートでラボーナのスクールは成り立っています。

本当にありがとうございます。

KIDS
KIDSクラスは、1年生に向けてライン、エリアを意識してトレーニングにしました。ボールを出さなようにみんな頑張ってボールを追いかけてくれました。ラインを意識することで加減してボールを蹴ることや出さないための工夫ができるようになれば良いです。ボールが切れた時にどこがチャンスでピンチなのかをコートを見て素早く反応できるようになろうね。
U-8クラス
インサイドキックとトラップの技術の向上とゴールに向かう中でパスとドリブルの選択肢を持ってプレーできるようにトレーニングしました。まだまだ判断してプレーできている子は少ないですが、パスの出どころは良くなってきました。パスを受けるために周りが広がってくるとドリブルもしやすくなるので、そこを全員が気付けるかがポイントです。ゴールに向かう方法は一つじゃない!
U-10クラス
U10クラスもパスコントロールの基礎練で止める蹴るの徹底、続けて当たり前にしていくことが大事、自然に身体が動くまで何度でもです。対人では2-1.2-2の状況でどう打開していくかをメインにトレーニング、どこでボールを受けるか、どこへボールを持ち出すかで状況は変わってきます。動きを見て判断できるようにプレーしよう。どうなっていくかの予測、仲間がどう考えてるかを想像することを絶対に忘れてはいけません。
U-12クラス
U12クラスは、3人組の関係にフォーカスしながらトレーニング、トライアングルの形成、変形しながらの前進、ワンツー、マイナスのサポート、第3の動き、裏へのパス、縦パスを入れた後の関わりなど戦術の攻撃の基本が全て詰まっています。下のカテゴリーでも言いましたが、イメージの共有をボールホルダー動きや、オフザボールのアクションで意図を感じる必要があります。それとプレー【技術】の連動。全員で攻めて守る、その中での役割を考えよう。スペシャルなプレーはその上にある!

ラボーナジュニアサッカースクール
2022年度 新規生募集について