2020.12 last school

今年はコロナウィルスの影響で大変な1年になりました。まだまだこの先も暫くは苦難は続いていきますが、皆んなで我慢する事は我慢して、耐えて頑張るところは頑張って乗り越えていきましょう。

ラボーナとしても出来る限りの事をしてスクール運営の継続を考えております。どうぞよろしくお願い致します。

KIDSクラスはドリブル、ボールコントロールトレーニングを中心に行っている成果がぼちぼち出始めています。蹴り合いになる事も多々ありますが自分を主張するようなプレーが目につくようになりました。キックが得意な子、ドリブルが速い子、ボール奪うのが上手い子、笑顔でボールに触れてる子と色々居てますが、それで良いんです。得意な事をガンガン伸ばせるように声をかけていけたらと思います

U8クラスはボールコントロールはどれだけやってもゴールはありません。今のうちからしっかりとボールに慣れる事が大切です。できたの上のレベルへどのようにできたか?スピード?バランス、姿勢?など言い出したらキリがないけど、妥協せず取り組んで欲しいと思います。正確なコントロール、タッチはいつか来る一瞬を裏切りません。ようやくスイッチが入った子を横目にまだまだお尻叩かないといけない子もいますが笑、楽しく来年もボールを蹴りましょう

U10クラスは切り替えのスピードが変わってきました。特に今までそこまで目立たなかった子たちが生き生きしています。技術も大切です、でも状況判断のスピードも大切。その部分で先手を打てれば得する事は多々あります。そこを生かすも殺すも技術ではあるのですが、ピンチをチャンスにしたり、ピンチを事前に防いだりする事でモチベーションが上がって個々のトレーニング意欲に繋がればと願っています。この年代まだまだ化けますよ。

U12クラスは切り替えの部分で差が出てしまってるのが気になります。技術があってもそれを使う状況判断が遅くては力を思う存分発揮できないと思います。守から攻ではよりシンプルに速くを目指して欲しいと思いますし、攻から守ではボールを失った瞬間にボールを奪いにいける、またパスコースを切ったりして攻撃を遅らせる事ができるようになってほしい、それが当たり前になるととんでもない事になってくると思います。今のメンバーでそれができるのは一握りです。やれるのにやらない子が居てとても残念です。負けた理由を誰かや、何かにしない為にも出来る事やろう

ラボーナジュニアサッカースクール
2019年度 新規生募集について