2020.10 1st & 2nd school

 過ごしやすい季節がやってきましたが朝晩は冷え込みますので着る服に迷う事も多いと思いますが、体調管理気をつけてください。
 
 KIDSクラスはサッカーの試合でゴールを決めるための大切な要素、狙って蹴ることや、ボールの取り合いなど複合的にトレーニングしています。子ども達のやる気と真剣な眼差しを嬉しく思います。遊びの延長の中で見て蹴るや、ボールを運ぶ事を学んでいきましょう。少しずつですが打ち解けてきて、子ども達の方から話しかけてくれたりと良い雰囲気になってきていますのでこれからが楽しみです!

U8クラスは基礎のボールタッチで真剣にボールに向き合ってる子とそうでない子で、たった2週間ですが大きな差が出てきました。軸がぶれない事や、自分で強弱をつけてボールに触れる事はとても大切です。コーンドリブル一つとっても身体の使い方で別のものになります。1対1の対人でも駆け引き勝てているのに、身体や足が行きたい方向についていけてない子がもったいないです。ボールを思う存分に触れる時に最大集中でトレーニングしましょう。ボールに触れる時間をもっともっと!

U10クラスは基礎のボールタッチで姿勢の向上で視野の確保、タッチの種類と質の向上を行っています。ボールを保持した時のいでたちが、こいつやるな!と思わせる事で優位に立てる事が往々にしてあります。ルックアップしてボールを持つ事が徐々にできるようになれば、今まで見えていなかった場所や、相手、味方が見えるようになり、選択肢も増えてきます。ゴールを決めるために自分に預けらたボールは絶対渡さない、そんな気持ちでやってくれたらと思います。今月は2対2+(1フリーマン)で対人を行なっています、ゴールに結ぶつく最短のルートを少し強引でもチャレンジしてほしいと思っています。ミスの責任はまず自分で!仲間のミスは皆んなでカバー、甘えてばかりじゃ強くはなれない!

U12クラスもU10同様も基礎トレーニングでタッチの質、バリエーション、姿勢の向上を目指していますが、できる事はやるけど、できない事を何か理由をつけてやらない、やろうとしないは申し訳ないが情けなく思いました。ボールタッチには頭で考えて出すものと自然に身体が反応して出るものがあります。デュエルの部分で身体能力の差をカバーするのはボールタッチの質と身体の使い方が大きく作用すると思います。いつか来るここぞのタイミングでボールを奪うか奪われるかは、自分の技術にどれだけ貯金してきたかです。バリエーションの中でカスタマイズしてものにして準備しましょう。試合で自分の所にボールが渡った何秒かに責任を持てるようになって欲しい。

ラボーナジュニアサッカースクール
2019年度 新規生募集について