2018 春休み 朝スクール 総括

今回のテーマはドリブル。ボールフィーリングの向上、ボールタッチ数や2の足3の足の重心移動をスムーズに行えるようトレーニングしました。

足元に余裕ができることで周りの状況を見れるようになり、プレーの選択肢も増えます

ドリブルでただ闇雲にゴールに向かうのではなく、あくまでゴールに向かう手段として捉えてほしいと思っています

相手のエリアでは積極的にドリブルを仕掛けることができる

ドリブルのペースダウンにより仲間のサポートを待てる

ドリブル仕掛けによっ意図的にて崩されたスペースや反対のスペースをパスを含めた色んな形で得点できる

ボールを失わないキープのドリブルができる

前進するドリブルで攻撃ラインをあげる

ゴールに向かうため、ゴールにを決めるためコートの色んな場所で上記のような状況が生まれます

ボールを保持している時に自分のプレーに自信が持てるよう皆んなトレーニングするのです

そういった意味で今回朝スクールに参加してくれたみんなは少し余裕を持ってプレーできるようになったのかなと思います

夕方のスクールの中でプレーをしたら際立っているのが分かります。

体さばきがスムーズになっているし、ボール扱いのキレが違います。引き技、かわし技、それに何よりかわした後ボールが脚から離れていくのが減りました。

気づいていないかもしれないけど積み重ねたものは確かにカタチとして現れています

自信持ってさらに

高みを目指していこう

おつかれさま(^-^)v

ラボーナジュニアサッカースクール
2018年度 新規生募集について