今週のスクール 2020.2 2nd.3rd

U-8クラス
U8クラスはボールの奪い合いから奪ってゴールを決めるところまで一連の流れを意識させるトレーニングを行いました。1-1でのOFは相手を見て方向転換したり、緩急をつけたりを意識してボールを失わないことが大切です。DFは足先で突くだけでなく相手とボールの間に身体を割り込ませるようにと伝えました。思わずおぉーと言うようなプレーが出ていました。サッカーはゴールを相手よりたくさん奪ったほうが勝ちです。できるだけシンプルにゴールに向かえるようにドリブルのタッチやターン時のタッチを大切にね。
U-10クラス
U10クラスは2-1のトレーニングをメインに各選手がパスとドリブルの選択肢を持ってプレーしようと伝えています。どういった状況でパスが有利でドリブルが有効かを全員が分かっていないといけません。相手を見て、手数をかけることなくゴールに向かうことができる目も養いたい。そのためにもパスの精度やドリブル技術の向上は必須です。アイデアを形にして周りを納得させることのできる選手を目指しましょう!
U-12クラス
U12クラスはU10同様でグループ戦術のトレーニングをしています。特に壁パスや、意図的に作り出したギャップ間へのパス、スルーパス、ドリブルで作り出したスペースの利用、3人目の動きなど連動性をより感じるようになりました。ボールに関わるもの全てがボールに近い遠い関係なく、次のプレーをイメージして動きたいものです。少なくとも顔上げて周りの状況を確認する仕草が増えました。とても良い事だと思います。

ラボーナジュニアサッカースクール
2019年度 新規生募集について