今週のスクール 2019.6 LAST

今月は各カテゴリーごとにキックをメインにトレーニングしてきました。低学年はしっかりボールを蹴ることに着目してトレーニングしてきました。まだまだ芯を蹴れていない子も多いですが、しっかりインパクトできているタイミングもありますので、そういう場面を見逃さずに認めて褒めてアドバイスしていけたらと思います。

中、高学年ではシュートのトレーニングを重ねてきました。強く蹴れるようになれば思い切りも良くなります。思い切りが良くなれば積極的なシュートも生まれてきます。全員がシュート意識、ゴールを奪う意識を持って欲しいです。その為にも先に書いた、強く蹴れる!正確に蹴れるは重要な技術です。限界はありません。プレッシャーのない状況では当たり前に出来ていた事が、リミテッドプレッシャー、ハイプレッシャーの中では出来ない。それでは意味がありません。相手あっての事ですの、常に相手より早く動く、見つける、そして騙すを意識しましょう。

ゲーム週では随所にシュート、キックに対する意識が変わったのが実感出来ました。もともとキックに自身のある子はより積極的になりました。また今までシュートすらしなかった子達がゴールを奪うシーンも見る事が出来ました。全員が点を決める喜びを味わて欲しいと思うのがコーチ心です。でも簡単にゴールを奪えないのもサッカーの本質です。ゴールって本気で奪いにいかなと奪えないものです。ポストやバーに当たったり、ゴールキーパーに弾かれたり、DFに防がれたり、色んな事を乗り越えて得れるものです。だからこそ味わって欲しい。その為にも日々のトーレーニング頑張っていこましょう!

コーチも色んな子の色んなシュート楽しみにしています。ともに喜ぼう!!!^ – ^

ラボーナジュニアサッカースクール
2019年度 新規生募集について