今週のスクール 2018.1 3rd

インフルエンザ大流行しています。子どもたちも保護者様もくれぐれも気をつけてくださいね。コーチも気をつけています。健康が一番です(T . T)

KIDS 運ぶドリブル中心のトレーニングとなりました。子どもたちの集中力が半端なかったです。小学生のカテゴリーよりもコーチの話をしっかり聞き実践できてたように思いました。お兄ちゃん達と3月からできるよう、徐々にお兄ちゃんと同じメニューで難しいことにもチャレンジさせています。今は上手にできなくても続ければ必ずできるようになるのでこの調子で頑張ってほしいです。( ◠ ‿ ◠ )

U-8 運ぶドリブルの中で特にターンをフォーカスしてトレーニングしました。方向転換はとても大切な技術です。ボールを奪われるタイミングでもあるので、運びどころ、運ぶスピードを考えてチャレンジしましょう。特にアウトサイドターンをもっとカッコよくできるようになってほしい。様になってくれば視野も確保できてくるのでボール運びにも余裕ができます。だから姿勢は大事だよー( ´ ▽ ` )

U-10 ドリブル中にスムーズにフェイント動作ができるようになってきました。身体が勝手に動くようになってくれば良い感じの証拠です。クローズドスキルのトレーニングの中で自分な脳が処理できない動作は身についたとは言えません、ただ覚えただけです。反復も大切でやれば動けるようになる。やらなければ進歩はない、相手に対して仕掛けれるように、なおかつ突破成功できる得意な形を習得しましょう。( ^ω^ )

U-12 フェイントの動き一つとってもスピード、タイミングが重要です。その動きをすることによって相手はどういう反応を示すか自分の経験値にしないといけない。動きだけを模倣していては何の意味もない。またぐフェイントにしてもパスを出されるかも、方向転換されるかもと相手に本気で思わせないと結局強引な突破になってしまう。リアクションでの突破もボールを置く場所でも相手の反応は違います。奪えると思わせる位置にボールを転がすこことが相手にアクションを起こさせる肝になります。リアリティは突破にとってとても大切だと思います。ヾ(๑╹◡╹)ノ”

ラボーナジュニアサッカースクール
2018年度 新規生募集について