今週のスクール 2018.2 2nd

まず沢山のバレタインの贈り物ありがとうございました。大袈裟ではなく食べきれないほどの量、そして温かい気持ちがそこにはありました。とても感謝しております。ありがとうございます( ^ω^ )

それとは別にとても嬉しい事もあり胸をなでおろしています。

KIDSクラスは先週からの止める蹴るの基本的なことを中心にトレーニングしました。少し早いボールでも止めることができるようになりました。蹴ることに対して適当感はなくなってきて、しっかり狙って蹴ることができています。子どもたちの口からキーワードが出ていたので嬉しく思っています。勢いあまって頭ゴツンコの子も居て冷やっとしましたが病院後、飛び跳ねて帰って来てたのでホッと一安心でした。ボールに対しの熱意は上のカテゴリーに負けてないよー♪( ´▽`)

U-8 またかーと言いながらもパス練をする足元はしっかりしたものになってきています。止める蹴るがあって初めてサッカーは成り立つものです。やってもやってもやり尽くす事のない技術です。あやふやだった止め方がキッチリと処理できるようになって次のキックへの動作がスムーズになっています。本人達も自信に繋がってるようで、コーチにやたらパスしようって言ってきます。良い傾向です( ^ω^ )

U-10 ボールの置きどころを意識したトラップもなかなか様になってきましたが、まだまだ質はあげれると思うので、自分ルールを設けてチャレンジしよう。またパスとトラップと同時進行でボールの受け方、ポゼッションもトレーニングしています。どんなに良いトラップをしてもマークが完全についた状態では威力が半減します。相手をみてある程度余裕を持って受けれるように駆け引き、顔出し、飛び出しを学びましょう(*゚▽゚*)

U-12はよりプレッシャーのある中でトラップとパスをトレーニングしています。下の学年でも言っている事を実践しつつ、さらにボールの受け方であったり、マークを見てボールを止めるのか動かすのかの判断だったりを突き詰めています。一瞬の判断ミス、コントロールミスで状況が変わるので、ボールを受けた時は勿論、ボールをどこで受けたら攻撃方向によりスムーズに移行しやすいかを次のことを考えてプレーさせています。パスを出して終わりではなく、トラップして終わりではなく連続性を大切にしていきたいと思っています(@ ̄ρ ̄@)

ラボーナジュニアサッカースクール
2018年度 新規生募集について