今週のスクール 2018.2 1st

2月最初のスクールも雪が降ったり、風が強かったり、サッカーをするには厳しい環境でしたが、子供たちは本当にサッカー大好き!元気に練習してました(^^)

KIDS

キッズクラスは、先週に引き続き、お兄ちゃんクラスと同じ練習をスタート。お友達とボールをとめて蹴るのパスの練習。最初のころは、手でとめていた子も今はしっかりと足でとめてました! とめ方はいろいろですが、自分でどうしたら上手くとめれるか考えながら頑張ってました(^^) キッズクラスの子たちは、新しいことに挑戦するときの集中力は凄いです(o^^o)

U-8

アンダー8クラスは、次に自分が蹴りやすいところにとめれてるか、相手もとめれるキックを蹴れているか、ただ蹴っているだけではパスとは言わない、相手にしっかりと届いて、はじめてパスです! 試合でも少しずつパスの意識が高くなって来ています! ドリブルをするのかパスをするのか自分のできる事が増えるとよりサッカーが楽しくなるので、基本的なとめる蹴るをしっかり修得しましょう(^^)

U-10

アンダー10クラスは、とめて蹴るもただ足元にとめるのではなく、どこにとめれば次に蹴りやすいか、蹴るまでの動作を早く正確に行うことを意識したトレーニングとなりました。しっかりとボールをコントロールすることが出来て初めて、狭い空間や短い時間での判断が可能となります。このクラスでは、ポゼッションのトレーニングの中で、素早い判断とボールコントロール、さらに受けてとなる「顔を出す動き」を行いましたが、これも基本的なとめる蹴るが出来ないと上手くボールは回りません。はじめてする子は、どこに出せばいいのかアップアップになっていましたが、自分たちでどうすれば上手くボールが回るのか考えプレーをしていたところは良かったです(o^^o)

U-12

この学年では、トラップもとめるのか動かすのか、どの方向に動かすのか次を予測したトラップを意識してトレーニングを行いました。普段何気にしていることもしっかりと次を考え行うことが大事です! 動き出しもタイミングとポジションを意識して、仲間同士しっかりと連動するように! 6年生と蹴れるのも残り少なくなってきました(T ^ T) 下の学年の子たちは、6年生の良いところをいっぱい盗んで、次の世代に繋げてくれたらと思います(^^)

ラボーナジュニアサッカースクール
2018年度 新規生募集について