QUEST SCHOOL 07

QUESTスクール 第7回目 総括

今回はシュートの練習をU-12カテゴリー対象に練習しました。

普段のスクールのミニゲームで0対0で終わる試合が多々見受けられます。フットサルコートでやっているのに、少しゴール方向に進めばシュートが打てる距離になるのに、スコアが動かないのはもったいないなぁっと感じたので、今回のテーマをシュートにしました。

はじめは、ドリル形式のシュート練習をさせてもらいました。ボーレの練習では最初はホームランばっかりでしたが、上半身をかぶせることと足の振り方を少し教えただけでしっかりと枠を捉えるの様になりました。ただ、まだまだコースが甘かったりスピードが遅かったりとキーパーに止めらそうなシュートがあったので、次にそこを意識して練習して行きたいです。

次に、3対3、2サーバーのゲーム形式のトレーニングをしました。少し僕のオーガナイズが悪く、コートが狭すぎてシュートを打ちにくい形になってしまいました。しかし、ゴールが近い分シュートの意識が高くなり、どんどんシュートをねらうになりました。

最後にミニゲームをしました。いつもと同じようにゲームさせましたが、今回のテーマはシュートだということを子どもたちに再確認させてゲームを行うと0対0の試合が1試合はあったもののほとんどが得点の入るゲームになっていたので、少しは変わったのかなぁと思いました。

サッカーは、得点を競い合うスポーツです。

その得点を決めるには、相手のミスや色々ありますが、一番多く得点に繋がるのはシュートです。なので子どもたちには、このシュートをもっともっと貪欲に狙って、そしてそのシュートを一本一本大切にして欲しいです。

ラボーナジュニアサッカースクール
2018年度 新規生募集について