今週のスクール 2018.4 4TH

火曜日は連続の雨天で、流れてサッカーのこと忘れていないか心配です笑Σ(‘◉⌓◉’)

今週は新クラスはじめての試合週でした。低学年はまだまだ覚束ないボール扱いですが、ゴールに向かう、ボールに向かうができていたのでこれからが楽しみです。ボールコントロールはトレーニングを重ねれば、いずれレベルアップしていきますが、相手にボールにコンタクトするのは気持ちの問題もあるのでその部分をクリアできている子が多いのは嬉しいです。

中高学年、特に各クラスの年長になる子どもたちは新メンバー、下から上がってくる子達にプレーでもトレー二ングの姿勢も負けないようにしよう。今年は特に下からの突き上げ多いので、手抜きなんてしようものなら簡単に追い抜かれてしまうよ。最初のゲームの日、みんな燃えていた。素晴らしいことです。自然に声も出ていたし。即席チームでそこまで熱くなれる君たちはカッコいい。負けて涙を見せていた、そこまでできることはとても良いことだと思いました。でもコーチはなんだか苦しそうにサッカーやってるなと思いました。各所属チームで与えられている責任をそのままラボーナでも引きずってるような…そんな気がしました。いつもそういう事を意識するのは素晴らしいと思う反面、気を張らずにもっと力抜いたらと思う時があります。それぞれ向かう目標は違うけれど、やってることはボールを蹴って追いかけてとみんな一緒です。楽しくて大好きなサッカーだから、追い詰められてして欲しくない。プレッシャーもはねのけて笑える強さを持たせたいなコーチは(^ ^)

心と技術どちらも大切です

どちらが欠けても本当の意味での楽しいは得られない

ラボーナジュニアサッカースクール
2018年度 新規生募集について